0325web

BLUE MOOD presents FEEL SO GOOD supported by FM SETAGAYA 山崎陽子トーク&ライブ ゲスト:安奈淳 ピアノ:清水玲子 MC:立花裕人

2018.03.25(Sun)

OPEN / START
11:30 / 12:30
¥6,500(1ドリンク付)

【出演】山崎陽子
ゲスト:安奈淳 ピアノ:清水玲子 MC:立花裕人

【山崎 陽子 (作・演出)】 童話作家、ミュージカル脚本家。立教女学院卒業後、宝塚歌劇団を経て結婚。
絵本、作詞、エッセイ、講演など多彩な活躍。
1975年から一人ミュージカル、1990年から独自の舞台“朗読ミュージカル”現在まで60作以上を発表、「山崎陽子の世界Ⅳ」が平成13年度文化庁芸術祭大賞受賞。
故遠藤周作主宰の素人劇団「樹座」で20年間、脚本を担当。遠藤氏との共著『ノーム』はじめ、絶版になっていたファン待望の詩画集『動物たちのおしゃべり』、絵本『水たまりの王子さま』が相次いで復刊されている。

【安奈淳】 1965年、宝塚歌劇団で初舞台を踏む。1975年、花組トップスターとなり『ベルサイユのばら』のオスカル役で宝塚黄金時代を築く。第一期「ベルばらブーム」の火付け役となる。
1978年『風と共に去りぬ』にて宝塚を退団。その後、東宝演劇部に所属。以後、ミュージカルなどの舞台を中心に活躍。
主な出演作品に、舞台『王様と私』『屋根の上のヴァイオリン弾き』『サウンド・オブ・ミュージック』『レ・ミゼラブル』ほか多数。
趣味は絵画で、版画集の出版や個展を開催するなどの活動も行っている。
闘病復帰後は舞台、コンサートやディナーショーで活躍。その歌唱力には定評があり、現在はシャンソンに力を入れる。

【清水玲子】 桐朋学園大学演奏学科ピアノ専攻科卒業。NHK教育TV「笛は歌う」に出演。
NHKラジオ「ピッポピッポボンボン」にピアノのお姉さんとしてレギュラー出演。
山崎作品のほとんどの伴奏を担当。的確で情感あふれる演奏は高い評価を得ている。
十文字学園女子大学教授。

anna 清水玲子

チケット予約フォーム

はじめてご予約・お支払をされる方は、必ず下記のページをお読みください。

 ご予約・お支払方法

※一時的にアクセスが集中した場合、サイトの表示が遅くなったり次の画面へ進まない等の状態が発生することがございます。しばらくお待ち頂いても同じ状況の場合は、直接お問い合わせのうえご確認ください。

※決済完了後にメールが届かない場合、メールアドレスの登録間違い、または登録が出来ていない可能性がございます。直接お問い合わせのうえ状況をご確認ください。

¥6,500