0508

『BLUE MOOD presents ”FEEL SO GOOD ”supported by FM SETAGAYA NAOTOトーク&ライブ MC:立花裕人』

2017.05.08(Mon)

OPEN / START
18:30 / 19:30
¥5,000(別途1オーダー要)
公演は終了しました

ファンクラブ先行予約あり。
一般発売3月25日(土)午後14時から
※当初お知らせしておりました一般発売の日時から変更となりました。直前のお知らせとなり申し訳ございません。

全席自由(整理番号順入場)

NAOTO(ヴァイオリニスト/作編曲家)
東京藝術大学附属音楽高校、同大学音楽学部器楽科卒業。
2005年、デビュー。クラシックからポップスまでジャンルレスな高い音楽センスと、
ブリッジをしながらの演奏など、華麗なパフォーマンスでインストゥルメンタルの新人としては異例の人気を博す。
2014年にNHK「スタジオパークからこんにちは」テーマ曲「HIRUKAZE」などを含む初のベストアルバム「BEST」をリリース。
最新作は7年ぶりのオリジナルアルバム「Gift」。
ドラマ「のだめカンタービレ」では出演、演奏指導、楽曲提供で一躍注目を集め、
ハローキティとのコラボ、日本スープカレー協会理事に就任、“カレーマイスター”の資格取得、
ラジオパーソナリティなど活動は多種多彩。
シリーズ累計350万以上のセールスを誇るコンピレーションアルバム「image」シリーズにオリジナル楽曲が毎回収録されている。
自身の活動だけに留まらず、作曲家として、大泉洋らが所属する演劇ユニットTEAM NACSの全国公演、
日生劇場ミュージカル「三銃士」など多数の舞台音楽を担当している。
ジャンルをスタイリッシュに跨ぎ、ポップスを表現する唯一無二のヴァイオリニストとして、
ますます進化を続けるNAOTOにさらなる注目が集まっている。
http://www.naoto-poper.com

キーボード 野津永恒(sources)

ヤマハエレクトーンコンクールに出場し全日本大会で銀賞、銅賞を受賞。
地元でパイプオルガンを学びながらエレクトーンからピアノへと転科し、桐朋学園大学を卒業。
音大在学時代よりツインヴァイオリンとピアノのインストゥルメンタルユニット「sources」に参加。
「sources」としてコンサートやイベントに出演しながら様々なサポートとしても活躍している。

notsu_2016_2

チケット予約フォーム

現在予約は受け付けておりません。